Yoshiyuki Shoji

(莊司 慶行)

Affiliation

Assistant Professor,
Integrated Information Technology,
College of Science and Engineering,
Aoyama Gakuin University.

Doctor of Informatics (Kyoto University)

Research Interests

Topics

  • Web Information Retrieval
  • Social Media Analysis

Publication

International conference papers

  • How to Find Accessible Free Wi-Fi at Tourist Spots in Japan, Keisuke Mitomi, Masaki Endo, Masaharu Hirota, Shohei Yokoyama, Yoshiyuki Shoji, Hiroshi Ishikawa, Proc. of the 8th International Conference on Social Informatics (SocInfo 2016), pp.389 – 403, 2016
  • On Best Time Estimation Method for Phenological Observations using Geotagged Tweets, Masaki Endo, Yoshiyuki Shoji, Masaharu Hirota, Shigeyoshi Ohno, Hiroshi Ishikawa, International Workshop on Informatics (IWIN2016), pp.205 – 210, 2016
  • Who Stays Longer in Community QA Media? – User Behavior Analysis in cQA -, Yoshiyuki Shoji, Sumio Fujita, Akira Tajima, Katsumi Tanaka, Proc. of the 7th International Conference on Social Informatics (SocInfo 2015), pp. 33 – 48, 2015 [pdf]
  • Can Diversity Improve Credibility of User Review Data?, Yoshiyuki Shoji, Makoto P. Kato, Katsumi Tanaka, Proc. of the 6th International Conference on Social Informatics (SocInfo 2014), pp. 244 – 258, 2014 [pdf]
  • Diversity-Based HITS: Web Page Ranking by Referrer and Referral Diversity, Yoshiyuki Shoji, Katsumi Tanaka, Proc. of the 5th International Conference on Social Informatics (SocInfo 2013), pp. 377 – 390, 2013 [pdf]
  • Information Extraction based Approach for the NTCIR-10 1CLICK-2 Task, Tomohiro Manabe, Kosetsu Tsukuda, Kazutoshi Umemoto, Yoshiyuki Shoji, Makoto P. Kato, Takehiro Yamamoto, Meng Zhao, Soungwoong Yoon, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka, In Proc. of the 10th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-10 Workshop), pp.243-249, 2013
  • Information Extraction based Approach for the NTCIR-9 1CLICK Task, Makoto P. Kato, Meng Zhao, Kosetsu Tsukuda, Yoshiyuki Shoji, Takehiro Yamamoto, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka, In Proc. of the 9th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-9 Workshop), pp. 202 – 207, 2012
  • Developing WikiBOK: A Wiki-based BOK Formulation-aid System, Yoshifumi Masunaga, Masaki Chiba, Nobutaka Fukuda, Hiroyuki Ishida, Kazunari Ito, Mamoru Ito, Toshiyuki Masamura, Hiroyasu Nagata, Yasushi Shimizu, Yoshiyuki Shoji, Toru Takahashi, Taro Yabuki, Proceedings of 2011 First IRAST International Conference on Data Engineering and Internet Technology (DEIT 2011), pp.960 – 963, 2011
  • A Wiki-based Collective intelligence Approach to Formulate a Body of Knowledge (BOK) for a New Discipline, Yoshifumi Masunaga, Yoshiyuki Shoji, Kazunari Ito, Proceedings of the 6th International Symposium on Wikis (WikiSym 2010), pp.1 – 9, 2010
  • Collective Intelligence Approach for Formulating a BOK of Social Informatics,an Interdisciplinary Field of Study, Yoshifumi Masunaga, Yoshiyuki Shoji, Kazunari Ito, Proceedings of the 5th International Symposium on Wikis (WikiSym 2009), pp.1 – 2, 2009

Domestic Journal papers

  • WikiBOKを用いた社会情報学の知識体系構築実験, 増永良文, 石田博之, 伊藤一成, 伊藤守, 清水康司, 莊司慶行, 千葉正喜, 長田博泰, 福田亘孝, 正村俊之, 森田武史, 矢吹太朗, 日本データベース学会論文誌, vol.12, No.1, pp.133 – 138 , 2013
  • リアクションサーチ:リアクションをクエリとするウェブ情報検索, 莊司慶行, 田中克己, 日本データベース学会論文誌, Vol.10, No.1, pp.43 – 48, 2011
  • 印象語をクエリとするリアクションに基づくウェブ情報検索, 莊司慶行, 田中克己, 情報処理学会 論文誌ジャーナル&JIP 「情報爆発」特集号, Vol.52, No.12, pp.3515 – 3526, 2011
  • 集合知アプローチに基づく知の創成支援システムWikiBOKの研究・開発, 増永良文, 石田博之, 伊藤一成, 伊藤守, 清水康司, 莊司慶行, 高橋徹, 千葉正喜, 長田博泰, 福田亘孝, 正村俊之, 矢吹太朗, 日本データベース学会論文誌, Vol.10, No.1, pp.7 – 12, 2011

Workshops, etc.

  • Diversity-Based Credibility Analysis of Social Review Data, Yoshiyuki Shoji, Katsumi Tanaka, The 6th International Workshop with Mentors on Databases, Web and Information Management for Young Researchers (iDB 2014 Workshop), 2014
  • Page Ranking by Referrer-Diversity and Referral-Diversity, Yoshiyuki Shoji, Katsumi Tanaka, The 5th International Workshop with Mentors on Databases, Web and Information Management for Young Researchers (iDB 2013 Workshop), 2013
  • Diversity-Based PageRank: A Ranking Method Based on the Diversity of In-link Pages, Yoshiyuki Shoji, Katsumi Tanaka, The 4th International Workshop with Mentors on Databases, Web and Information Management for Young Researchers (iDB 2012 Workshop), 2012
  • マイクロブログにおける「聖地巡礼」行動の分析, 伊藤貴明, 加藤大受, 遠藤雅樹, 莊司慶行, 廣田雅春, 石川博, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017) 会議録, H8-1, 2017
  • 撮影軌跡の曲率による観光スポットの分析, 高野悠作, 加藤大受, 遠藤雅樹, 莊司慶行, 廣田雅春, 石川博, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017) 会議録, I6-3, 2017
  • ジオタグ付き写真の撮影順序に着目した関心領域と撮影スポットの発見, 高木有人, 遠藤雅樹, 莊司慶行, 廣田雅春, 横山昌平, 石川博, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017) 会議録, A5-4, 2017
  • ジオタグ付き写真を用いた意外な写真を撮影できる外れ値的な撮影条件の発見, 藤井慎太郎, 加藤大受, 遠藤雅樹, 莊司慶行, 廣田雅春, 石川博, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017) 会議録, D3-3, 2017
  • 相互再帰的クラスタリングによる場所と来訪者のベクトル表現, 三浦理緒, 加藤大受, 遠藤雅樹, 莊司慶行, 廣田雅春, 石川博, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017) 会議録, F2-1, 2017
  • アナロジーによる飲食店メニューの国際的な表記方式の提案とその自動生成, 信本健輔, 加藤大受, 遠藤雅樹, 莊司慶行, 廣田雅春, 石川博, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017) 会議録, C1-4, 2017
  • マイクロブログの極性の差に着目した期待を裏切るスポットの発見, 豊島美穂, 加藤大受, 遠藤雅樹, 莊司慶行, 廣田雅春, 石川博, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017) 会議録, H8-3, 2017
  • マイクロブログを用いた地域別特徴抽出手法の一検討, 遠藤雅樹, 莊司慶行, 江原遥, 廣田雅春, 大野成義, 石川博, 第15回情報科学技術フォーラム (FIT2016), D-026, 2016
  • 経由地としての東京 ~マイクロブログを用いた旅行者の東京都内での行動分析~, 高橋一希,遠藤雅樹,加藤大受,廣田雅春,荘司慶行,石川博, 第13回観光情報学会全国大会, B2-3, 2016
  • Word2Vecを用いた地域の特性分析, 土田崇仁,遠藤雅樹,加藤大受,莊司慶行,廣田雅春,石川博, 第13回観光情報学会全国大会, B2-5, 2016
  • リンク参照元ページ群の話題多様性に基づく被参照ページの品質推定, 莊司慶行, 田中克己, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) 会議録, A1-1, 2013
  • WikiBOKを用いた社会情報学の知識体系構築実験, 増永良文, 石田博之, 伊藤一成, 伊藤守, 清水康司, 莊司慶行, 高橋徹, 千葉正喜, 長田博泰, 福田亘孝, 正村俊之, 森田武史, 矢吹太朗, 第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013) 会議録, C3-5, 2013
  • リアクションサーチ: リアクションをクエリとするウェブ情報検索, 莊司慶行, 田中克己, 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011) 会議録, F1-5, 2011
  • 集合知アプローチに基づく知の創成支援システムWikiBOKの研究・開発, 増永良文, 石田博之, 伊藤一成, 伊藤守, 清水康司, 莊司慶行, 高橋徹, 千葉正喜, 長田博泰, 福田亘孝, 正村俊之, 矢吹太朗, 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011) 会議録, A2-5, 2011
  • 集合知的手法による学際的学問分野の知識体系構築システムのプロトタイピング, 莊司慶行, 伊藤一成, 増永良文, 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2010) 会議録, C1-5, 2010
  • 集合知形成手法を用いた学際的学問分野の知識体系記述の試み, 増永良文, 莊司慶行, 伊藤一成, 第1回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2009) 会議録, C3-5, 2009
  • 統合型メタ翻訳の提案, 莊司慶行, 松田基弘, 伊藤一成, Martin J. Durst, 電子情報通信学会・データベース学会合同ワークショップ (DEWS2008) 会議録, I2-24, 2008

Budget

  • Budget, 「リアクション」をクエリとする検索の実現, 莊司慶行, グローバルCOE「知識循環社会のための情報学教育研究拠点」 22年度 若手リーダーシップ養成プログラム研究費,2010
  • Budget, 人を考慮した「リアクション」をクエリとする検索, 莊司慶行, グローバルCOE「知識循環社会のための情報学教育研究拠点」 23年度 若手リーダーシップ養成プログラム研究費,2011
  • Budget, ソーシャルコミュニケーション情報を用いたウェブ情報検索の研究, 莊司慶行, 日本学術振興会 2012-2013年度 特別研究員奨励費(DC2), 2012 – 2013

Awards, Books, Invited Lecture, etc.

  • Invited Lecture, Wikiを用いた学際的学問分野の知識体系構築支援システム, 莊司慶行, 第1回DBSJソーシャルコンピューティングシンポジウム(DBSJ SOC2010), 2010
  • Award, リアクションサーチ: リアクションをクエリとするウェブ情報検索, 莊司慶行, 田中克己, 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム / 第9回日本データベース学会年次大会 DEIM2011 学生奨励賞, 2011
  • Book, ライトノベル年表, 莊司慶行, 一柳廣孝, 久米依子, “ライトノベル研究序説”, 2009

Biography

  • April, 2004 — March, 2008, Bachelor of Engineering:
    Department of Integrated Information Technology,
    College of Science and Engineering, Aoyama Gakuin University.
  • April, 2007 — March, 2010, Master of Arts:
    Social Informatics Course,
    Graduate School of Social Informatics, Aoyama Gakuin University.
  • April, 2010 — March, 2015, Doctor of Informatics:
    Department of Social Informatics,
    Graduate School of Informatics, Kyoto University.
  • April, 2012 — March, 2014, Researcher:
    Research Fellowships for Young Scientists DC2
  • April, 2015 — March, 2016, Researcher:
    Department of Social Informatics,
    Graduate School of Informatics, Kyoto University.
  • April, 2016 — March, 2017, Program-Specific Assistant Professor:
    Faculty of System Design,
    Tokyo Metropolitan University.
  • April, 2017 — December, 2017 Program-Specific Researcher:
    Academic Center for Computing and Media Studies,
    Kyoto University.
  • April, 2018 — now Assistant professor:
    College of Science and Engineering,
    Aoyamagakuin University.

Contact

Room 528b, Building O, Sagamihara Campus, Aoyama Gakuin University,
5-10-1 Fuchinobe, Chuo-ku, Sagamihara-shi, Kanagawa 252-5258 JAPAN.
Software Lab(Prof. Dürst’s Lab)

TEL: +81 42-759-6428
mail: shojiit.aoyama.ac.jp